薄毛対策というのは、自宅でする場合は、どのようにしたらよいのでしょうか。自宅でできる薄毛対策として重要なのが、シャンプーです。髪を洗うという事は、髪を清潔にして、薄毛の原因でもある皮脂などを取り去る為にも大切です。けれども、洗髪によって、髪にダメージを与えることもあります。髪の洗い方が間違っていると、それが原因で皮膚に負担がかかり、薄毛がますますひどくなることがあります。それでは、どのようなやり方が、髪の健康に役立つ髪の洗い方なのでしょう。薄毛改善効果がある洗髪の方法とは、いきなり洗髪料を使うのではなく、ブラッシングと、髪の湯洗いです。シャンプーの節約にもなりますし、地肌への負担も減らせます。予洗いを十分に行うだけで、髪の汚れのほとんとは落とすことができます。シャンプーをきちんと泡立ててから、使うことも薄毛対策のポイントです。液状よりも泡状のほうが、汚れ落としやすいからです。髪を洗うときは爪を立てずに、指の腹でマッサージするように洗いましょう。爪を立てて地肌にダメージを与えると、結果的に新しい髪がつくられなくくなるからです。すすぎは念入りに、髪にシャンプー剤が残留しないように、湯をたっぷりつかってすすぎます。もしいい加減なすすぎをしていて、洗髪料が髪に残ると、頭皮のダメージになります。もしも薄毛対策をしたいのならば、きちんと洗髪をすることが重要になります。